ホーム > カメラニュース 2019 > ソニー RX100 VII 発表 ポケットサイズのα9

ソニー RX100 VII 発表 ポケットサイズのα9

ソニーが、1インチセンサー搭載プレミアムコンパクト機「RX100 VII | DSC-RX100M7」を海外発表しました。新型2010万画素 積層型センサーを搭載しただけではなく、静止画・動画ともに性能強化、もちろんリアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AF (動物対応) にも搭載しています。※Update : 国内発表されました。

2010万画素 積層型 Exmor RS™ CMOSセンサー
新開発2010万画素 積層型 Exmor RS™ CMOSセンサーと新描画エンジン BIONZ X™の組み合わせにより、スピードと画質の面で新次元を切り開くと英国ソニー製品ページに掲載されています。

α9レベルのスピードパフォーマンス
1秒間最大60回算出するAF/AEトラッキング性能、ブラックアウトフリー AF/AE追随 高速連写 20コマ/秒、人と動物に対応したリアルタイムトラッキング・瞳AF、シングルバースト撮影モード 90コマ/秒 (7枚の静止画)、357点像面位相差AF + 425点コントラストAFで世界最速AF合焦速度0.02秒を実現などなど処理速度が強化されている模様。

前機種「RX100 VI | DSC-RX100M6」もα7/α9シリーズの機能を取り入れた機種で話題になりましたが、さらに出し惜しみなく強化されている事が分かります。となると発表が期待されている「α9 II」は、さらに次世代カメラに進化しているのではないでしょうか。

4K x HDR(HLG)

英国ソニーのプレスリリースを見る限り、プロレベルの動画性能を謳っています。全画素読み出し・ピクセルビニング無しの4Kボディ内記録に対応。動画に最適化した " リアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AF " を搭載、ピクチャープロファイル S-Gamut3.Cine / S-Log3, S-Gamut3/S-Log3、マイク端子、スマートフォン視聴に対応した縦撮りにも対応している模様。

ハイスピード撮影は1000fpsまで対応、タイムラプス用のインターバル撮影などにも対応し、製品ページを見てみても静止画・動画性能共に機能テンコ盛りとなっています。

シャッター周り
メカニカルシャッター 30~1/2000秒、電子シャッター 30~1/32000秒。通常の高速連写は最高20コマ/秒、シングルバーストシューティングモードで最高90コマ/秒を実現。シングルバーストシューティングモードは、RAW/Jpeg共に対応してます。

ちなみにISO感度は、ISO100~12800 (拡張 ISO64/80)。サイズ・質量は、101.6 x 58.1 x 42.8 mm、302g (メモリーカードとバッテリーを含む)。

発売時期と価格

  • 米国・欧州 … 2019年8月発売予定
  • 1200USドル、1600CAドル ※dpreview記事より
  • 1300ユーロ、1200ポンド ※英国ソニー プレスリリースより

dpreviewの記事を見る限り、海外では「RX100 VI | DSC-RX100M6」と同等価格を維持しているようです。公式サンプル画像も掲載され、dpreviewも発表と同時にサンプル画像(現時点で63枚)を掲載しました。

前機種「RX100 VI | DSC-RX100M6」の機能をそのまま引き継いでいる箇所もあり、「RX100 VII | DSC-RX100M7」はその強化版的な一面を覗かせる機種に仕上がっている印象です。レンズは据え置きな感じで、今後も高倍率ズームレンズが基本になりそうな感じです。