ホーム > カメラニュース 2020 > CP+2020 現時点で状況を注視しながら計画通り開催予定

CP+2020 現時点で状況を注視しながら計画通り開催予定

日本でも連日新型肺炎のニュースが報じられ、店頭でマスクが消え右往左往している状態です。ソニーが2月末にスペインで開催される携帯端末見本市「MWC」の出展中止を発表したニュースが登場し、CP+2020はどうなるのだろう?とCP+公式サイト見てみたら、現時点で計画通り開催予定である事を告知していました。

スペイン開催 携帯端末見本市「MWC」ソニー出展中止

SankeiBizの記事で知ったのですが、ソニーをはじめエリクソンそしてLGなどが新型肺炎感染拡大を理由に出展を中止方針とのこと。「お客さま、ビジネスパートナー、メディア、社員の安全を最優先にした」というソニーのコメントも紹介しています。

これで気になるは同時期2月27日~3月1日まで横浜で開催されるCP+2020。気になって公式サイトを見に行ってみるとPDFで下記のプレスリリースが配信されていました。

CP+2020 計画通り開催予定 (PDF)

新型コロナウイルスによる肺炎の発生に伴うCP+2020の対応
現在、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる感染症について、1月31日に世界保健機関(WHO)より緊急事態宣言が発せられました。CP+事務局では最新情報の収集に努め、具体的な対応策の検討を進めています。また、 会場のパシフィコ横浜、大さん橋ホール及び関係行政機関とも連携を強化し、適切な対応に努めてまいります。現段階では、状況を注視しながら開催に向けた準備を進め、計画通りに開催する予定です。※CP+ プレスリリースより

CP+の対応

  • 会場の出入口等に消毒液を用意する
  • マスクの着用、手洗い・うがいなどの消毒を強く奨励
  • 出展社ブース説明員の マスク着用
  • 体調に不安がある方は、来場を控える事を推奨

万が一会場に感染した方がいた場合、この対応で防ぐ事が可能なのかどうか…。2月末にマスクの在庫がどうなっているのか分かりませんが、会場は混むしイベントだけに空気も汚れがちだし…敏感になり過ぎる事もいけませんが、ニュースを見る限り対応が後手に回っているだけに2月末がどのような状況になっているのか気になるところです。CP+に中国企業15社が出展予定で、現在出展の可否を確認中とのこと。

CP+は海外から映像系メディアが取材に来るイベントであり、Imaging Resourceが、シグマ Foveon フルサイズミラーレス 開発仕切り直し記事の最後に、CP+に参加できるのかどうか注視しています。海外メディアだけでなく、日本中でCP+に行く事を楽しみしているユーザーさんはたくさんいると思うし、ホテルや電車・飛行機などのチケットを押さえた後に中止というのも困ってしまうかも。

今のところ出展を取り止めた主要カメラ&レンズメーカーは無いという事でしょうか。最終的な決断はいつ下されるのでしょうか。プレスリリースの最後に " 厚労省の方針に従う " の文言あり。