ホーム > カメラニュース 2020 > 映像事業売却後 オリンパスのブランド名が残るのは一定期間の模様

映像事業売却後 オリンパスのブランド名が残るのは一定期間の模様

先日オリンパスが映像事業を売却する事を発表し激震が走りましたが、SankeiBizの報道記事を見る限り、売却後オリンパスのブランド名が残るのは一定期間の模様。

  • 事業売却後も一定期間はオリンパスのブランド名は残るという。

…という事は、将来的にカメラの軍幹部やレンズ前面部などのオリンパス・ロゴが消え、新会社名のロゴもしくはLUMIXのようなブランド名が付く事になるのでしょうか。少なくともペンタックスのようにオリンパスの名は残りそうにない感じです。自分の解釈が間違えていたらごめんなさい。

昨日のプレスリリース(PDF)を見てみると…

新会社は JIP の支援を得ることにより、オリンパスがこれまで培ってきた革新的な技術とユニークな商品開発力を活用し、OM-D や、PEN、ZUIKO などをはじめとしたブランドを継承する事業体として、お客様にとってより良い製品 / サービ スを提供するとともに、事業に携わられている役職員の方々にとってもより働き甲斐のある会社とすることを通じて、事業の持続的な成長を実現します。

「OM-D」「PEN」「ZUIKO」などの製品ブランドは継承される事が分かっています。まだはっきりした事は分かっていませんが、オリンパスOM-DとかオリンパスPENとか呼ばれる事は無くなりそうな展開に。