使用カメラ

パナソニック LUMIX G9

パナソニック LUMIX DC-G9

パナソニック LUMIX G9 PROは、静止画フラッグシップ的な位置付けの機種で、2000万画素センサー搭載、6.5段分手ブレ補正公開を実現したDual I.S.2、368万ドットEVF、4K 60p、ハイレゾモード、手ブレロック、6K PHOTO、高速連写 20コマ/秒、ダブルSDカードスロット、ジョイスティック、USB給電 / 充電、防塵・防滴・耐低温設計などを施したマイクロフォーサーズ機になります。

日常スナップ

日常スナップ

PANASONIC LUMIX G9
LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7
電柱

Webカード

Webカード

パナソニック LUMIX G9
LUMIX 45-175mm F4.0-5.6
梅とメジロ

カメラニュース

ペンタックス K-3 Mark III 発売時期はCP+2021 価格は20万円後半 最高のカメラを

リコーイメージングが、デジタル一眼レフ APS-C フラッグシップ機情報を更新しました。製品名は「PENTAX K-3 Mark III」に決定。基本スペックを公開しながらも発表・発売時期は、今秋ではなくCP+2021(2月25日~28日)あたりになる見通しも明らかにしています。価格は20万円後半を想定。...詳細を読む>>

富士フイルム「X-T40」は、新型センサーが搭載されるもののIBISは非搭載?

NEW CAMERAが、富士フイルム「X-T40」は新型イメージセンサーが搭載されるもののボディ内手ブレ補正機構(IBIS)は搭載されない可能性があると噂しています。予定通り開発が進めば2021年前半に登場する可能性がある模様。...詳細を読む>>

ツァイス「ZX1」ついに10月29日に海外発表されそうな展開に

軒下デジカメ情報局が、ついに2020年10月29日(木)にツァイスのフルサイズコンパクト機「ZX1」が発表される見通しである事を掲載しました。日本時間19:00あたりに発表され、まず最初は米国とドイツで発売されるとのこと。ボディ価格は、6000ドル/6000ユーロの模様。...詳細を読む>>

キヤノン2020年Q3決算発表 カメラ需要回復アピールもカメラ市場縮小は止まらない

キヤノンが、2020年12月期第3四半期決算発表を行いました。2020年上期(1月~6月)と比べ回復傾向である事を大きくアピール。カメラ需要も回復している事もアピールしていますが、数字を見る限りカメラ市場が縮小し続けている事が伺えます。...詳細を読む>>

パナソニック LUMIX クリエイターに焦点を当てたブランディング動画を公開

パナソニック(PanasonicLumixVideo)が、LUMIXブランドメッセージ動画「Motion. Picture. Perfect.」をYouTubeに公開しました。静止画・動画ともにクリエイター戦略で行く事が伺える内容となっています。...詳細を読む>>

富士フイルム「X-S10 3つダイヤルそれぞれの操作感を変えている」「目標はすべてクリア」

富士フイルムが、X lab「X-S10」開発者トーク 後編をYouTubeに公開しました。ダイヤルの操作感や徹底的な放熱の試行錯誤など開発秘話を語っています。「X-S10」は、開発時の目標はすべてクリア出来たカメラとのこと。...詳細を読む>>

「ライカQ2モノクローム」リーク画像を無印ライカQ2と比較「M10-P Reporter」掲載

軒下デジカメ情報局が、このところ噂されている「ライカQ2モノクローム」の前面画像を掲載しました。まだ正式発表はされていないようですが、ライカ公式サイトに「ライカM10-P Reporter」が掲載されています。...詳細を読む>>

ニコン「Z8/Z9」情報錯綜中 現在仕様の違うプロトタイプ5機がテスト中の噂

先日ニコン「Z 9」の情報(噂)が登場したばかりですが、Nikon Rumorsが「Z8/Z9」の情報が錯綜中である事を明らかにしました。どうやら仕様の違うプロトタイプが複数存在し、それを1つのスペックにまとめていた模様。今回プロトタイプ3機種の基本スペック情報(噂)を掲載しています。...詳細を読む>>

シャープ MFT 8K ビデオカメラをドローンに装着した画像

シャープが、開発中のマイクロフォーサーズ 8K ビデオカメラをドローンに装着した映像を公開しました。下記はそのスクリーンショットになります。...詳細を読む>>

シグマ 105mm F2.8 DG DN MACRO Tシャツ 販売開始 数量限定の模様

シグマが公式オンラインショップで「105mm F2.8 DG DN MACRO | Art レンズ構成図Tシャツ」の販売を開始しました。1人3枚まで購入可能で数量限定。価格は2,750円で発送は10月27日以降となっています。...詳細を読む>>

富士フイルム「X-S10はゲートカメラ」「すべてをバリアングル式しようと思っていない」

カメラのキタムラが、富士フイルム「X-S10」上野隆氏インタビュー動画 前編・後編をYouTubeに公開しました。個人的に興味深かったポイントをピックアップしてみようかと。...詳細を読む>>

富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」は、この上ない悦びを感じる素晴らしいレンズ

ePHOTOzineが、富士フイルムのXマウント F1.0大口径単焦点レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」レビューとサンプル画像を掲載しました。「XF50mmF1.0 R WR」は「X-T4」との組み合わせ撮影するとこの上ない悦びを感じ、素晴らしい撮影結果をもたらすレンズであると評価しています。...詳細を読む>>

雑多なコラム

DJI Ronin-SC 使い始め

雑多なコラムの記事写真


静止画だけでなく動画も楽しもうと思い、まずはパナソニックかソニーで動画の基礎を経験しようと思いオリンパス機からパナソニック機に切り替えて数年経ちますが、動画を撮っていると周辺アクセサリーが欲しくなる事も。以前から購入しようかどうか迷っていたジンバルをついに購入。購入したのはミラーレスカメラ用の3軸スタビライザー「DJI Ronin-SC」になります。 …詳細を読む>>

使用レンズ

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

最近オリンパス PEN E-P3でお気に入 りのレンズはパナソニックのライカ印 の単焦点レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4なんです。

F1.4と明るいレンズで絞ればシャープ な描画、レンズ内手振れ補正機構は付 いてないもののオリンパス OM-D E-M5の強力な5軸手振れ補正で単焦点レンズならではの描画をしてくれます。

雑多なブログ

何気ない日常を撮る 新鮮に感じる事も

雑多なブログの記事写真


写真を趣味にし始めた頃は何気ない日常を撮るの事が新鮮で感じるままに何でも撮っていましたが、気が付くと新しいモノや新しい光景そして新しい機能を求めてしまい何気ない日常やモノを撮らなくなる事も。ここ数年 自宅でブツ撮りする事が少なくなってきたような…。…詳細を読む>>